会社概要

会社概要

 社名 金石衛材株式会社
 本社 〒370-1101
群馬県佐波郡玉村町藤川184-4
アクセスマップ
 TEL 0270-64-0500
 FAX 0270-64-0005
 受付時間 9:00~12:00 13:00~17:30 (土・日は休業)
 メールアドレス info@kaneishi.co.jp
 飯塚物流センター 〒370-1102
群馬県佐波郡玉村町飯塚305-1
 駒形物流センター 〒379-2122
群馬県前橋市駒形町1109-1
 東京ミーティングルーム 〒116-0014
東京都荒川区東日暮里5-45-10 能美ビル703号
 代表取締役社長 市石 一仁
 資本金 10,000,000円
 創立 昭和8年
 設立 平成8年(1996年) 6月18日
 事業内容 ・衛生用品・健康用品・健康食品・医薬品・介護用品・ベビー用品等の卸売り
・自社商品開発
・東京医療衛生用品組合加盟問屋
上記に附帯する一切の業務
 ネット卸売(業務用卸) ・卸売ドットコム(自社サイト)
・Netsea(ネッシー)
上記に附帯する一切の業務
 販売先 ・全国各地の卸売業者
・インターネット販売店
・ドラッグストア
・通販業者
・介護施設
・病院施設等々
 取引銀行 群馬銀行 広瀬支店
足利銀行 伊勢崎支店
 各種販売免許 医薬品卸売業 許可番号第268号
毒物劇物一般販売業 登録番号第329号
高度管理医療機器等販売業 許可番号第038号

沿革

昭和8年(1933年) 3月 市石信雄が東京都にて、衛生材料(脱脂綿・ガーゼ・包帯)の加工製造卸販売を開始
昭和15年(1940年) 統制され衛生材料統制会社の一員として加工製造のみ継続
昭和20年(1945年) 終戦
昭和23年(1948年) 独禁法により、統制会社解散と同時に統制会社に代る中央販売者を設定され市石信雄は同業者十数名にて、東部衛生材料株式会社を創立。
同社の専務取締役となり厚生省より中央販売業者の認可を受け、加工製造を行う。
昭和25年(1950年) 1月 完全に統制解除となる。
昭和26年(1951年) 3月 金石衛材有限会社を設立。
代表取締役 市石信雄
昭和32年(1957年) 11月 市石六郎(市石信雄の父)が代表取締役となる。
昭和34年(1959年) 11月 金石衛材株式会社に変更
昭和35年(1960年) 3月 市石榮一(市石信雄の長男)が代表取締役となる。
昭和時代の自社製品ラインナップ
カネイシ脱脂綿      コマチカット(カット綿)
カネイシガーゼ      ハイフラワーパフ(化粧パフ)
カネイシ包帯       フラワーホット(使い捨てカイロ)
カネイシカットメン     すべらんステッキ
平成11年(1999年) 9月 第二創業
市石一仁が群馬県(玉村町)にて、前会社の営業権を引き継ぎ営業開始。
代表取締役 市石一仁
平成15年(2003年) なんでもMarket オープン
インターネットオークションにて、返品商品、処分商品の販売開始
平成17年(2005年) 1月 卸売ドットコム オープン
ホームページ開設し、インターネット販売開始
平成19年(2007年) 2月 Netsea(卸売モール)出店
8月 なんでもMarket→閉店
卸売ドットコム→BtoB専用 会員制卸売サイトへ
BtoC販売を辞める
11月 返品市場オープン
メーカー、問屋の廃棄予定商品をインターネットにて販売(2009年5月閉店)
平成23年(2011年) 2月 自社商品、初の海外製造開始
3月 やわらか手袋 上市
7月 寝ている間にハンドケア 上市
11月 楽天B2B出店
平成24年(2012年) 8月 飯塚物流センター開設
「イビキノン」を商標登録
11月 春魔人(使い捨てカイロ) 上市
平成26年(2014年) 8月 駒形物流センター開設
平成27年(2015年) 3月 太陽光事業参入
7月 東京ミーティングルーム(日暮里)開設
平成28年(2016年) 4月 埼玉県寄居にて、太陽光事業開始
5月 自社品開発の100%子会社 kaneishi株式会社設立
平成30年(2018年) 12月 スーパーデリバリー出店

所在地・アクセス方法

本 社

◆お車
北関東道 前橋南IC 出口の信号を右折、200m進み、最初の信号を左折。
力丸団地を通り抜け、藤川の交差点を通りすぎて20mで到着。北関東道をおりて約5分。

◆電車
JR高崎駅から両毛線に乗り換える。
JR駒形駅にて下車。タクシーにて約12分。

飯塚物流センター

◆お車
北関東道 前橋南IC 出口の信号を右折、200m進み、最初の信号を左折。
力丸団地を通り抜け、藤川の交差点を通りすぎて800m進み、T字路右折に進み約150m進むと到着。
北関東道をおりて約8分。

◆電車
JR高崎駅から両毛線に乗り換える。
JR駒形駅にて下車。タクシーにて約10分。

駒形物流センター

◆お車
北関東道 駒形IC 出口の信号を右折、駒形バイパス/県道2号線を進み、小屋原陸橋の交差点を左折。
県道40号線を進み、駒形の交差点を左折して約150m進むと到着。
北関東道をおりて約5分。

◆電車
JR高崎駅から両毛線に乗り換える。
JR駒形駅にて下車。タクシーにて約5分。

東京ミーティングルーム

◆電車
日暮里駅にて徒歩約4分。

  • 会社概要
  • トップページ
  • 製品情報
  • 取扱メーカー
  • 会社概要
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 卸売ドットコム
  • ネットで仕入れのNETSEA
  • SUPER DELIVERY 当社商品の仕入れはこちら